中堅商社マンの海外出張報告(へなちょこ編)

アクセスカウンタ

zoom RSS マレーシア駐在 黒キャディー報告

<<   作成日時 : 2007/05/28 00:41   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 9

これは聞いた話。
俺は現在マレーシアに駐在している。
常夏の熱帯なので、いろいろな野生の動物をよくみる。ゴルフ場でもだ。
これは俺の知り合いから聞いた話。
その知り合いもマッサージが好きだ。
マレーシアオープンとかやる有名ゴルフ場に隣接されたホテルのマッサージ(スパ)によく行くらしい。
そのマッサージ。大きな窓がマッサージルームにあって明るい。
1階だか、2階だか、だ。
で、その窓は、その有名ゴルフ場のコースに向かって設置されている。
だから窓からゴルフコースが見える。
ある日、マッサージで気持ちよくなり、うとうとしていると、誰かの異形な視線でずっと凝視されているような、異様な感じを受けた。
怖い。何かとてつもなく怖い。
非常な恐怖を感じたその知り合いは、はっと、その窓を見た。
で、ぎょっとした。
その窓には、多量の、、、、、、、、、サルの顔が張り付いていた。 
そうだ。10匹近くのサルにマッサージを覗かれていた。
異様だ。
10匹のサルが窓に顔つけてオッサンのマッサージ覗いてる図は、異様だ。
って、いうか、アホに近い。覗いてどうすんだ。。。。
で、そのマッサージのおばちゃん。毎度のことなのか、動じないそうだ。
ゴルフ場ではサルが客の荷物を盗んで行くので、たまにゴルフ場の担当者に追い払われる。
追い払われたサルは行き場が無くなり、となりのホテルに出没し、そして、、、、、、
マッサージ屋を覗くらしい。
マレーシアのサルはオッサンの裸を覗いて興奮するらしい。(するわけない)

これは俺の話。
俺は週末にはゴルフをしている。マレーシアはゴルフ代が安い。
で、たまには高くて高級なゴルフ場でゴルフをしたりもする。
で、そういう格式の高いゴルフ場はキャディーをつけたりする。
で、そのキャディーにもいろいろな人種がいる。
タイ人やインドネシア人やミャンマー人なんかが、出稼ぎ目的でマレーシアに来て、キャディーをやる。
ただし、有名ゴルフ場は昔からキャディーをやっているマレーシア国籍の人も多い。
俺のこの前キャディーは、1976年からそのゴルフ場でキャディーをやっているというインド人だった。(国籍はマレーシアだ)。
で、そのインド人キャディー。
アドバイスは的確だ。
さすがにコースを知り尽くしている。
玉捜しも良好だ。
目がいいのでほとんど打った球の場所を掴んでいる。さすがだ。
が、ハゲだ。
インド人なので、見た目はもちろん黒い。
で、ハゲなので、もちろんハゲた部分も、黒い。
しかし、そこはそれ、黒い頭頂部なので、日本人の俺から見ると、ハゲという感じがしない。
不思議だ。
たぶん、少年のころからこのままの頭だったんじゃないかと思ったりする。
日本人は勝手だ。
で、そのインド人ハゲキャディー。なぜか、帽子をかぶらない。
マレーシアは熱帯だ。日中ゴルフはメチャクチャ暑い。
直射日光は容赦なく全身に降り注ぐ。頭頂部にはもちろん激しい直射日光が注ぐ。
俺は思った。インド人はマレーの直射日光に耐性があるのか、と。
なぜなら帽子をかぶらないからだ。
で、ゴルフも後半に入り、何気なくそのインド人キャディーの頭頂部を見ると、そのハゲた黒い頭頂部から、、、、、多量の汗が噴出していた。
そりゃそうだ、いくらインド人でも黒い頭頂部でも、4時間以上も直射日光受けてたら、そりゃ暑いって。
黒いから、よけい日光吸収するって。
で、その黒いインド人ハゲ・キャディー。
あまりに日光を吸収しすぎたのか、16番ホールくらいからは、どう見ても意識が朦朧としていた。
グリーン手前でドライバーとか持ってきたりしていたので。。。。
いくら黒い頭頂部を持つインド人でも、日中は帽子をかぶったほうがいいかと思う俺は、中堅商社マンの前にいちおう親切な日本人だ。(ハゲではないが。。。。)
で、あまりに朦朧としているキャディーに心配した俺は、大丈夫か?とキャディの顔を覗き込んで、そして驚いた。
インド人なので、顔立ちは彫りが深い。で、黒い。汗が多量に出ている。
で、鼻が高い。
で、その高い鼻から、多量に、、、、、鼻毛が出ていた。束で、だ。
俺は思った。なんだ、中国人のオッサンと同じじゃねーか、と。
で、更に思った。
頭頂部と同じで、顔も黒いから、鼻毛が束で出てても、遠めには目立たないだけね、と。
その鼻毛束目撃のショックで、俺の日本人としての親切な心配は、簡単に吹き飛んだ。
そんなもんだ。

これは俺の見た話。
俺はまだマレーシアに駐在している。
KL(クアラルンプール)に来て、すでに3年近くが経った。
今のマレーシアは車社会だ。
15年前に日本から毎月出張で通っていた頃から比べると、はるかに車の数が増えた。
なので、通勤時は渋滞が多発する。
俺はKL郊外に自分で車を運転して通勤しているが、毎日渋滞だ。
で、その渋滞。俺が通勤する一方向だけが渋滞ではなく、反対側も大渋滞だ。
俺の通勤経路の反対車線は、学校が集中しているらしく、学校への送り迎えの車で渋滞している。
マレーシアはあまりスクールバスが発達していない。
なので、親が子供を運転して送り迎えするようだ。
だから、毎朝、俺の通勤経路の反対側の渋滞はその親と子供の車が多数を占める。
なので、渋滞で全然進まない俺の車からは、やはり渋滞で全然進まない反対側の車線を見るぐらいしかやることがない。
で、その反対側を見ると、色々な車が多い。当たり前だ渋滞だ。
で、その多数の車の運転手を見ると、人種が多い。当たり前だ、ここはマレーシアだ。
運転しながら電話してるインド人、運転しながら大声で歌っているマレー人のオヤジ、運転しながらひとりでにやけている中華系、黒いほっかむりをかぶって黒いサングラスをかけているので、どうみてもスパイに見えるマレー系のオバちゃん、と雑多だ。
渋滞の車の中でやってることは日本人と大して変わらない。
渋滞中の人間がやることは大体同じだ。
が、反対側から見ている俺には毎朝ながら非常に変な光景だ。
その人種が、色も黄色から茶色、黒インド人までと様々だからだ。
その多人種が前はマレーでその後ろはインドで、その後ろが中華系という車の順番で、その全員が縦にならんで、車内で、運転席で、一斉に、、、、、ハナクソほじってたりする。
まさに、「多人種・縦隊・渋滞・一斉・ハナクソほじり・色とりどり」だ。(なんのことだか)
ここはマレーだ、そんな光景は当たり前のようだ。
で、その渋滞。学校へ向かう渋滞で、それも朝なので、車内には子供が多い。
その子供。毎朝時間が無いのか、ほとんどが車内で何か食べている。
朝食のようだ。パンだったり、バナナだったり、ひどいのになるとフライドチキンだったりする。
で、俺はある朝、もっとひどいのを見た。
でっかいバンの車の後部座席で、中華系の小学生くらいのガキが、ビニールから、、、、、
― メンを直喰い ― していた。
メンだ。麺だ。車内でだ。それもスープ麺だ。汁が飛ぶやつだ。
すぐに破れそうなビニール袋には、麺とスープがたっぷり入っている。
マレーでは、テイクアウト用にビニールに汁と麺入れて販売している。
ガキはそのビニールに箸を突っ込み、思いっきりかきこんでいる。
何度も言うが、バンの車内だ。
俺は思う。車内で汁物の麺をすするなよ、と。
っていうか、ビニールに入れた汁物の麺を、朝から車内で子供に食わすなよ、と。
急ブレーキかけたら、汁ごと麺が車内に飛び散るぞ、と。
飛び散っても、気にしないみたいだ。

渋滞を抜けると、高速に入る。
高速道路に入れば渋滞も少ない。事故がない限りスムーズだ。
因みに日本でも事故があると必ず渋滞になる。当然だ、事故だからだ。
が、マレーでも、アメリカでも、しいては中国でも、反対車線の事故で渋滞になる。
見物渋滞だ。反対車線の見物渋滞の方が過度な渋滞になる場合が多い。
で、マレーの高速。たまにスピードの取り締まり(いわゆるネズミ捕り)がある。
マレーのネズミ捕りは2種類だ。
ひとつは警察が集団で遠方からスピードチェックして、その後該当のスピードオーバーの車を止めて罰金を取る方法だ。
もうひとつは、スピード違反の写真を取られて、後日罰金を請求される方法のものだ。
で、その後日罰金請求の為の写真は、、、、、人がカメラで取っている。
オービスとかの機械ではない。
まさにマレー系のオッサンが、高速道路の分離帯の真ん中で、高架橋の脚に体を隠して、1眼レフで写真を撮っている。
超ローテクだ。もう、そのもの、人力だ。
カメラは高級だ、デカイ1眼レフだ。
そのカメラを構えたマレー系のオッサンは、高速道路の真ん中で、、、、汗だく、だ。
そうだ、マレーシアは暑い。日中は一年中35度くらいだ。体温に近い。
で、コンクリートの高速の上で、黒いオッサンが、なんとか体を隠しながら、でもすげぇー汗だくで、撮影している。異様だ。
で、結局。あまりに暑いので、そのオッサン撮影隊も日中は1時間くらいしかもたないそうだ。あまり意味がない。
もうひとつの警察が集団でチームを作り取り締まる方法だが、これはマレーシアの長い休日の前になると取り締まり回数が増える。
方法は随分手前でスピードを確認して、道路を半分封鎖してすべての車の速度を緩めさせ、スピード違反した車のみを停止させる方法だ。
正式には違反切符を切って、後日罰金を送付するのだが、そこはそれ、マレーなので、警官がその場でキャッシュの支払いを要求する。
この場合は切符は切られない。
っていうか、はっきりいうと小遣い稼ぎなので、キャッシュで正式な罰金額の半分払えば警官が許してくれる。
っていうか、半分キャッシュで払えば警官は儲かり、違反ドライバーは半額で済むのでお互いハッピーだ、だからキャッシュで払えと言ってくる。
メチャクチャな論法だ。
っていうか、最初から小遣い稼ぎが目的じゃねーか、っていうことで、長い休みの前になると警官のレジャー資金確保の為に、取り締まりが増える。
で、俺。ある日そのネズミ捕りにつかまった。一般道路で、だ。
やはりマレーシアの正月のハリラヤという休暇の前だ。
違反内容はたまたま忘れたシートベルト未着装だ。シートベルトのシメ忘れだ。
で、停車した俺の車のドアの脇に担当の警官が立った、シートベルトの締め忘えはダメだ、重大な違反だ、どうだとかいう説教が先だ。
で、罰金が高額になるとか、なんとか説明している。ほんとに高いぞ、高額だぞ、と高慢な態度で説教にかかる。
俺は仕方ないかと思い、むっとしながら、罰金の支払いを認めるからチケットを早くよこせと言った。
俺がそう発言した内容を受けて、突然かつおもむろに、その警官の態度が豹変した。
その警官は、ほんとに突然に、俺がビックリするぐらいの豹変ぶりで、、、
― 卑屈になった。 ―
で、こう言った。
「ナウ、キャッシュ、ハウマッチ ユー キャン ペイ?」、だ。
ようするに、安くしてやるからキャッシュで俺に払えということだ。
全く。チケットもらって、送金するのも面倒なので、こう返した。
俺もちょっと卑屈な態度で:「50リンギットで、いいか?」
警官は更に卑屈に輪をかけて:「OKだ、ナウ ペイ OK カ?」
俺はちょっとこそこそ声で:「ほら、50だ、OKだな、もう行っていいな。」
金を受け取った警官はいきなり堂々と胸を張って:「OK。ディスタイム ユー キャン ゴー、マスト シートベルトエブリタイム ネ。OKネ。」と大声で誰かに聞こえるような演技で言い放つ。
全く、なにが「マスト シートベルト エブリタイム」だ。
今までコソコソやり取りして自分で怪しい雰囲気を作って警官かコソ泥かわかんないようになっておきながら、金入手した瞬間にいきなり警官に戻るんじゃねー。
いきなり作られたコソコソ雰囲気につられて、一緒になってコソコソしてた俺は急に戻れないでしょ。事前打合せしてくれなきゃ。
変化が急激でついてけないって。
それに、どうでもいいけど相変わらず文法がめちゃくちゃじゃねーか。
と思いながらも、ちょっと卑屈かかった中堅商社マンは、高額の罰金払わずに済んだので、ちょっと得した気分になったりする、損得勘定がヅレてるので、ふと、このシステムもいいシステムかな?とか思ったりする。ほんとにアホに近い。近いというか、アホだ。

これは俺の話ではない、聞いた話。
その人は、ある日、KL市内で自分で車を運転していた。
行く先が良くわからず、何度も迷った挙句に、白バイに止められた。
右折か左折禁止を間違って入ったみたいだった。
まずいな、と思ったその人は、近寄ってきた警官に事情を説明した。
で、その警官。日本人か?と聞いたあとに、いきなりあとについて来いといってきた。
で、白バイで先導してくれる。
ものすごくスムーズな走行だ。
なんせ白バイが先導しているのですべての車がよけてくれる。
で、ものの10分で目的地に着いた。
その人は思った。マレーシアの警官はなんて親切なのか、と。
道に迷った日本人を先導してくれるほどなんて親切な国なんだ、と。
で、感動しているその人に運転席に向かって、先導してくれた白バイ警官がニコニコしながら近寄ってくる。
その人は感動したそのままに厚くお礼を言おうとしていると、その警官がニコニコした顔のままこう言った。
「50リンギットだ。」と。手を出しながらだった。
その人は思ったそうだ。なるほど日本人には親切なのね、、、、、、と。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
なんか面白い事がいっぱい書いてあったけど、
内容がいっぱいありすぎて、
何をコメントすればいいのかわかんなくなっちゃった。

ビニール袋にスープ&麺はちょっと汚い・・・
最近、日本の通勤電車もひどいらしいよ。
立ったまま混んでるのに朝ごはんたべてるんだって。
私はすいてる電車に乗ってるけど、ラッシュに多いみたいよ
ありえな〜い!
私のお客様がジュースこぼされたって・・・。
reiko
2007/05/29 00:29
reikoさん、コメントありがとうございます。
毎度内容いっぱいありすぎですいません。
毎度、字ばっかりなもんで。。。。
しかし日本の通勤電車はひどすぎ。
満員の電車の中で、朝飯食うまでになりましたか。
その人物は満員電車で立ったまま、白飯もって納豆とかかけてるわけ?
最低っす。
もしくは満員で白飯にキムチ乗せてたべてたり。。。。
韓国人でもそこまでしないので、ほんと日本人のマナーも最低になりましたね。
ジュースならまだクリーニングできるけど、朝からスーツとか白いシャツにキムチ納豆つけられたら、その日一日暗くなりそうっす。
いやぁ〜、満員電車でキムチつけられました。とか言っても信じてもらえなさそうだし。。。。。
最近はオッサンがマナーないんだよね、日本は。(俺も含む?)
また、コメントお願いします。

中堅商社マン
2007/05/29 10:49
いろんな話が詰まってますね!これだけでマレーシアを知ってしまった気分・・・。もう3年もなんですね〜。その間にこれだけの事が日常あったら退屈しなさそう。苦笑
「多人種・縦隊・渋滞・一斉・ハナクソほじり・色とりどり」がかなり見てみたい!!爆笑
人間観察は面白いけど、日本人同士の場合、面白いというより嫌な思いさせられたー!か怖い思いしたー。ばかりですね。
この間電車で女性が大声で「おばさん汚い手で私のお尻触らないでよ!」「あんたのでかい尻より私の尻の方がいいけどね!」「あんたの化粧けばいんだよ」とそのあとも色んなこと言ってました。誰かと誰かが言い合い?と思ったらなんと1人の女性がずっと吠えてました。側に誰か?と思ったら周りはサラリーマンだけ。周りはシーン。結構位置が近かったので10分間ドキドキ乗車でした。「本当は2歳なのに、次の日誕生日で楽しみに起きたら50歳だったんだよ。急におばさんだよ!!そんなことってある?」と言うくだりにはちょっと笑いましたが。苦笑
元新米
2007/05/29 12:54
元新米さん、コメントありがとうございます。
もう3年もいますと、これだけのことが日常あったりしますが、でも暑いので毎日朦朧としていて、半分も覚えていられません。
マレーシアはすでに20年近く前から出張で通ってましたので、3年駐在というより仕事を始めてから20年も来てるなぁ〜、っていう印象です。
それでも変わりましたよ。文明国になりました。20年近く前はもっとすごかったです、というか、すげぇー事件多かったです。

しかし、そんな面白いおばさんに会えるとは、元新米さんって、ラッキーですね。
それとも、あちら側の人を呼ぶオーラついてますか?
2歳が50歳って、、、、、そんなこと無い、断じて無い、インド人でもそんあ奴いない。って突っ込んで欲しかったです。
日本の通勤電車怖いですね。
そのオバちゃんのその後の観察レポートお待ちします。
中堅商社マン
2007/05/29 20:22
「そんなことある?」って所で心の中で「そりゃないわ(/ロ゜)/」
って突っ込んでにやけた事は言うまでもありません。
できればあまり出会いたくないです。苦笑
ちなみに目に見えない痴漢おばさんを攻撃した後の台詞は
「私は小学5年生だよ!!」とも言ってました。座っていたのに思わず探して確認したのも言うまでもありません。私の目には30代かな?と見えましたが・・・。

マレーシア事件もこの先期待大ですね!もう少し小出しでたくさん読ませてもらえるとうれしいです♪
元新米
2007/05/29 23:16
あとスープ麺の味が非常に気になります。袋を持つ手は熱くないのか?
是非食べて感想もお聞かせください!!
元新米
2007/05/29 23:20
なっとう、キムチはまだ聞いたことないけど、
夕方ジャンボ餃子を3個完食したおばちゃんがいたそうです。
しかも手掴みで・・・
あと、やはり朝の通勤で、
イケメンのおにいちゃんが、すばやく電車に乗り込み席に座り、
コンビニのサラダのフタを開け、二つ折りにするとプシューっと出る
ドレッシングをかけて、プラスチックフォークでサラダを食べた・・・
ドレッシングが飛んできそうでこわいよ〜
reiko
2007/05/30 23:49
元新米さん、reikoさん、ともに爆笑!コメントありがとございます。
しかし、ジャンボ餃子3個完食とは。。。。それもオバちゃん、手掴み。
面白過ぎてハラワタよじれました。見たい。超見たい。
オバちゃんが足をガニマタに開いて、腰を落として、踏ん張って、いきなりビニールからジャンボ餃子手掴みで取り出し、、、、食らいつく。
車内は餃子の匂い超充満。
乗客全員、どうしても酢とラー油が欲しくなる。
すごいっす。
しかし、コンビニサラダのドレッシングかけも、すげぇー光景だな。
ゴマ系だと絶対飛びますね。
すげぇー図すぎて、見たい。
中堅商社マン
2007/05/31 01:47
元新米さん、ビニールに入ったメンとスープとは、マレーシアでは色々なメンの種類をビニールに入れてくれます。
鶏がらスープと細系のちぢれたメン(ワンタンミーといいます)が一般的です。
熱くないんじゃなくて、最初熱いですが、テイクアウトなので車内で食べるころはヌルイです。
っていうか、ぬるくなってからビニールのハシを指でつまんで、ハシをビニールに突っ込んで食べます。
スープとメンならまだいいですが、ソース系みたいなウドンぽいメンに油しょうゆをつけたホッケンミー(ペナンホッケンミーとは違います)をビニールに入れてもらうと、ビニールが内部から真っ黒になり、日本人は食欲なくなります。
平気で食ってますけど、こっちの中華系は。。。。
中堅商社マン
2007/05/31 01:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
マレーシア駐在 黒キャディー報告 中堅商社マンの海外出張報告(へなちょこ編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる