中堅商社マンの海外出張報告(へなちょこ編)

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国出張 聞いた話報告1

<<   作成日時 : 2007/08/15 00:51   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

ダンボール肉まんが売られていて、その報道自体がやらせだったらしい。
俺は思う。
実は、そのヤラセだという報道自体が本当はヤラセで、
本当は、本当に、ダンボール肉まんが売られていたんじゃないかと、疑う。
中国では否定報道自体もヤラセな可能性があったりするので、心底からは信用できない。

で、これは最近まで、俺が色々な人から聞いた中国の話。

まずは、鍋屋。
上海だかどこだったか、すごく流行っている鍋屋があるそうだ。
毎日行列が出来るほどの人気。
その秘伝のスープがあまりに美味い。
また食べたくなる。
で、その秘密は、、、スープに大麻が混ぜてあるそうな。
客を麻薬中毒にして、リピートさせるのか?
メチャクチャだ。
で、よくよく聞くと、報道までされた有名店らしい。
合法な量の少量の麻薬(大麻?)しか入れてないとの説明らしい。
1号店のみならず、2号店も3号店もあるらしい。
で、、、、
中国では、少量なら麻薬を鍋に入れて販売するのは、合法なのか?

昔、95年ごろのこと。
シンセンの中国と香港の国境の所は、羅湖という。駅だ。
駅というか、巨大な駅+出入国ターミナルだ。
シンセン側から香港に戻ろうと、その駅の近辺でタクシーを降りると、
汚いカッコした浮浪児が寄って来て、金をせびられることが良くあった。
いわゆる、もらい乞食だ。
俺はスーツを着て、香港―中国間を何度も移動したので、そういう浮浪児に寄って来られた。
もちろんお金はやらない。
その都度大声で追い返した。
でも、それを見るたび、少しかわいそうな気持ちになり、
たぶん親もないであろうそうした子供達に同情していた。
しかぁし。
誰かから、後で聞いたその浮浪児達の内容は、こうだった。
昼間。
ボロボロの汚いカッコをして旅行者から金をせびり、集める。
夕方。
なんと、その母親が着替え持って迎えに来て、汚いカッコから普通のカッコに着替えて、
で、その日の集金を数えながら家帰っていくんだ、と。
翌日。
母親の送られて、また羅湖駅まで来て、普通のカッコからボロに着替えて、
また仕事するんだと。
それじゃ、偽浮浪児じゃねぇ〜か。
中国じゃ、そんなもんだ。

その羅湖近辺の最近の話。
最初はたぶん、本当の浮浪児が近辺の通りを徘徊し、
ゴミ箱から残飯を拾って食べていたらしい。
あまりに汚くて、かつ、かわいそうに感じる旅行者の多くが、お金を恵むようになり、
随分金をもらえたらしい。
で、それを見た別の誰かが、
自分の子供にボロを着せ、道路を徘徊させ、
ゴミ箱の残飯をこれ見よがしに食わさせて、
旅行者にアピールして、金をせびるようになった、と。
そういった偽浮浪児が急激に増えた、そうだ。
中国なので、そういった偽浮浪児商売は、まー許す。
許すとしよう。
それは許すが、
いくらなんでも、自分の子供にゴミ箱の残飯食わせるのは、あまりにヒデェ〜んじゃねぇか?
と思ったら、その残飯は、、、、、
事前にハンバーガーとかをマクドで買って、ゴミ箱の中に仕込んどくとのこと。
それをゴミ箱から取り出し、残飯のように食うんだとか、偽浮浪児は。。。。。
完敗だ。
その演技力に、完敗だ。
で、その偽浮浪児のおかげで、本当の浮浪児は駆逐されるとか。。。。
勝てない。
あまりに生き馬の目を抜きすぎで勝てない。

以上は、中華系マレー人やシンガポール人から聞いた話。(真実かは知らない)
又聞いたら、追加します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
>実は、そのヤラセだという報道自体が本当はヤラセで、
>本当は、本当に、ダンボール肉まんが売られていたんじゃないかと、疑う。
>中国では否定報道自体もヤラセな可能性があったりするので、心底からは
>信用できない。

激しく同感。じょんぐお的映画とか、こういったのがよくある落ちですよね。味方だと思ってたら、敵で、敵の敵なんで味方かと思ってたら結局敵でとか。。。騙し騙され〜。

じょんぐお何千年の歴史が産み出した知恵ある!みたいな

でも、時々騙しのテクニックがすっごい浅はかだったりするのが面白かったりして。。。
HITUCHIとか。。。TACHIBAとか。。。その他もろもろとか。。。
海外好き
2007/08/16 03:18
まぁ・・・そんなに素晴らしい演技力なのぉ?
や〜ね〜  でも、知らなければ思わず同情しちゃうね?
reiko
2007/08/16 22:27
海外好きさん、おひさしぶりです。
やっぱりそう思いますか!、そう思いますよね、ジョングオの事をちょっとでも知ってると、アサハカなどんでん返じゃないかと。
現在はブタの感染病で青耳病が流行ってるとか報道され、四川省でブタいっぱい殺されたらしく、豚肉の値段が上がってるという報道が昨日現地新聞でありましたが、それも実は病気じゃなくて実は誰かが値上げの為に病原菌撒いているか、青耳病とかを勝手に作って流行らせてるか、それも疑えますよね。真実っぽくするため、1億人くらいの人口がいる四川省の省の人民全員動員して、すべてのブタの、、、、耳を青ペンキで塗ってるような気がしますが。。。。で、指摘されると、「中国では6千年前からブタの耳をペンキで塗ってます。伝統です。」とか言いそうですが。。。。
中堅商社マン
2007/08/17 11:45
reikoさん。昔の偽浮浪児は、すごい演技力でした。現在の中国は昔よりもっとすれてるので、今の偽浮浪児はもっとすごい演技なんじゃないかと思います。安達裕未じゃ全然太刀打ちできないような、演技力かと。
生活かかっているので。
日本人には、「同情するなら金払え!!」くらいでしょうか。
しかし、生き馬の目を抜く中国で、生き馬の目を抜かれちゃったので浮浪児になっちゃったのに、それで金が入るからって更にその目をトコトンまで抜かなくてもいいような気がしますが。。。。
あまりにひどすぎというか、掟なさ過ぎ。。。。
中堅商社マン
2007/08/17 11:51
中堅商社マンさん。甘いですよ〜 絶対屠殺したとか言っておいて、適当〜に保存しておいて、適当〜に値があがった所で皆でそろって売りに出すんだすよ。(で、値崩れ)それか、近隣の国にさっさと送ったりとか。。。既に肉まんにしておいてちょろっと値があがったところで売りにだしたりとか。。。

それか、青ペンキを売ってる所がそういう事を流行らせたのか。。。
「塗る。値上がる。儲かる」みたいに言って。

知恵沢山あるある! 
海外好き
2007/08/17 21:43
海外好きさん、甘かったですか、すいません。
確かにそうかもしれないっす。
処分したことにして内蒙古とか青海とか少数民族から強奪した人のいない土地で生きたまま保存しといて、報道用に処分したブタにだけ青ペンキ塗って、まずペンキ代上げといて、で、ブタの値が上がると、確保しといたブタを漢民族以外の民族を酷使して中原に戻して、さも大丈夫なように報道して、さっさとシャブシャブ用高級肉にして隣国へ輸出し、青くなった耳だけ処分してその耳から青ペンキ作って販売する計画までやりそうっすね。
中堅商社マン
2007/08/20 10:50
青くなるのは隣国のシャブシャブ消費者だけだが、反日なのでリーベンレン青くなるのは没関係よ。たぶん青ペンキ不足のおかげよ。ブタの耳からできた青ペンキ日本で使うのOKよ。くらい言いそうです。中央電視台あたりで、日本でシャブシャブ食べて顔が青くなる青顔病が流行ってますから、日本人と接触するな!くらいのヤラセ報道まで行きそうですが。。。
で、最終的には本末転倒して、ブタの青耳病は日本の青顔病から伝染した、日本悪い、だから沖縄まで中国に返せ。とかまで発展しそうっす。
抑止力なしで、どこまでいくんでしょうかね、あの民族は。。。。。(地球壊すまで?)
中堅商社マン
2007/08/20 10:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国出張 聞いた話報告1 中堅商社マンの海外出張報告(へなちょこ編)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる